3年目の違和感

3年目の浮気なんて言葉がある。

3年経つと恋人が、いや、永遠を誓った伴侶ですら、浮気するなんてよくある話だ。

今日は色恋の話ではなく、仕事の話。

 

私はそ今の職場に転職し、丸3年を迎えようとしている。

 

1年目、慣れない仕事にひた走っていた。猛ダッシュで駆け抜けた。

2年目、直属の上司が変わりやり方などに変化、やはり走りっぱなし。ジョギング時々ダッシュ。

3年目、部署内での係編成などが変わって戸惑いはあったが、今まで走ってきた分、事前準備など進め方の要領を得てきた。ペース配分がようやく出来てきた。

 

今の職場は時に小さな不満はあるけれど、自分の気の持ち方次第だ。そう思ってた。

 

2月の3連休が過ぎて、肩こりと腰痛がハンパない。

年に数回あるポスター制作の仕事に取り組んでいたのだ。

元々デザインやイラストを描くのは嫌いじゃない。というか仕事としてやってたから、私が今の職場に入ってからは私がやってきた仕事だった。

誰に言われたわけでもないのだけれど、私がやる仕事として当たり前に認知されていた。

職場のパソコンはWindows。今までMacでデザインしてきた自分には正直Windowsでイラストレーターやフォトショップを使い作業するのは慣れていない。家でやった方が断然効率がいい。

だけど、せっかくの3連休にお持ち帰りしなければいけない仕事なの?

休みは休むもの。だよね?あれ?私、平日よりも疲弊している。

 

疲れは苛立ちの製造機。

 

考えてはいけない思想が脳内を駆け巡る。

 

職場の他の人は当たり前に仕事中にこういう作業(資料作りとか)してるよね…。

(なんで私は家で自分の時間費やしてやらなきゃいけないの?)

他人と比べるって残念だ。

デザインとか好きだから、自分で進んでやってるんだよ!って自分でいたい。

 

私も職場でしょぼいパソコンでいつもの2倍くらいの時間をかけて作業をする?

いや、本当は作業が大変なんじゃない。わかっている。

やっているデザインが、去年の焼き直しみたいな、妥協案しか出てこなくて悩んで、悩みながら進めているから、はかどらないだ。

 

上司と案のすり合わせをして、納得して作業を進めるべきなのだ。

今の職場はデザイン会社などではなく、社内で方向性を決めたりする事もなく、出来上がりの状態で提出するのが当たり前になっていた。

 

仕事の進め方を見直して、そしてきちんと仕事の時間内で仕事をしよう。

進め方に迷いがあるなら、相談をしよう。

就職して数年経つと今までのやり方を振り返ることがあるだろう。

違和感を感じる事もあるだろう。

仕事をする上での当たり前なことのはずなのに、職場の習慣や流れとかでスルーされている違和感。その違和感をまずは改善するよう動いてみる事にする。