疼く古傷

あれはまだ私がうら若き頃…。あ、物語じゃないです。ノンフィクションです。ますです。

そう、うら若き頃とは本来どのくらいの年齢の頃なのか、調べることもしませんが、若かった頃です。

中学〜短大くらいはます、今よりかなり細い体型してました。

交通手段は徒歩or自転車だったからかも知れません。

その頃は脚も細かった。

細いけど、細いだけで、すとーんとまっすぐ。色気も味気もない脚してました。

そのせいか親からは「スカートは似合わん!」と言われ育ちました。

その洗脳のせいか、親の目が届かなくなった短大時代もさほどスカートを履いてませんでした。

短大時代も終わる頃、珍しくスカートを履いて街を歩いてた時です。

札幌の駅直結のデパート。

さて、服でもゆっくり見ようか。

エスカレーターで下の階へ降ろうとした時、事件は起きた。

ガクン。

両脚でコケたのだった。

なぜなのかはわからない。

ただ、放心状態となり、両脚ぺたりと座る形でエスカレータを下る、その時間は不思議と長く感じた。

「あらぁ」

向かいからエスカレーターで登ってきたご婦人は呟いた。

なんとか立ち上がりエスカレータから降りたのであろう。

その記憶は全くない。

冬場で黒ストッキングごしの脚はみるみる腫れていく。

血も滲んできた。

 

もちろんショッピングどころではなく家へ帰った。(はずだ。この時家へ帰った時の記憶も残ってはいない。)

短大時代の一人暮らしの部屋だったペンシルルームへ戻り、ストッキングを脱ぐとくっきりとエスカレータの縦線が脚の脛へ刻まれていた。

こんな時に限って滅多にないスカートだったのは何の因果であろう。

私は前世でスカートごしの脚で男をたぶらかしたとでもいうのだろうか。

前世で何かやらかしたとしても、現世でこの仕打ち…。

ただでは済まさない。

滲んだ血を止めるのもそぞろに、鏡に自分の脚を写し6Bの鉛筆で絵を書き始めた。

この痛み何かにしてやる…。

両脚の縦線の傷は、今でこそだいぶ薄くなってきたが、冬場、体調不良の時などはその傷が痒み出すの。

疼く、ってタイトルに書いたけど、

かっこつけました。

本当はただ自分の不注意でできた古傷が痒くなるだけです。

では、また!

www.masu-taichou.com

www.masu-taichou.com